肩こりに効果のある薬のおすすめランキング

肩こりに効果のある薬のおすすめランキング

もんでも、もんでも痛みが残る肩こりや首こり、ひどい場合だと痛み止めを常備している方もいるのでは、肩こりといえば筋肉がコリ固まることで起こることが多く、慢性的な肩こりの場合神経を損傷することで、しびれや肩こりにともなった頭痛など起こす場合もあります。今回は筋肉をほぐす湿布薬や塗り薬などを使っても一行によくならない方におすすめの肩こり・首こりに効くおすすめの薬を紹介いたします。

更新日時:2020/02/01

肩こりに効果のある薬の選び方

肩こりに効果のある薬のおすすめランキング

パソコンの使いすぎや目を酷使することで肩や腰に過度な負担がかかって肩こりや腰痛は起こります。ひどい場合は筋肉が硬くなりすぎて神経を圧迫しダメージを受けて痛みをともなう肩こりを起こすことがあります。あなたの症状に見合った薬を選ぶことで早期に効果を実感できる場合もありますので、まずはここで肩こりや首こり・腰痛などの症状を把握し、場合によっては医師などに確認することで目的にあった薬を選びましょう

デスクワークなどで一時的な筋肉疲労による肩のハリやコリを感じる場合

肩のハリやこりを感じるが一時的なものですぐに治る場合は、筋肉の疲労による筋肉組織の炎症等が考えられます。この場合長時間の立っての仕事や長時間座っているデスクワークなどで筋肉が疲労して起こる肩こりなので湿布薬など塗り薬がおすすめです。場合によってビタミンB1など配合された薬がおすすめです。

血行不良による肩のハリやこりの場合

ストレッチやマッサージなどもんだりすることで肩こりが和らぐ場合は血行不良による肩こりやハリが考えられます。長時間筋肉に負担がかかるような姿勢などでいると、筋肉がこわばることで血管を圧迫して血行が悪くなり血行不良が起こります。筋肉疲労同様、ビタミン配合の薬がおすすめです。

肩にしびれや痛みのある肩こりの場合

もんでもしばらくすると痛みがあり、慢性的に痛みやしびれなどのある肩こりは末梢神経が傷ついている場合があります。長時間のデスクワークなどで筋肉疲労が進み血行不良が続いた結果、末梢神経を圧迫して損傷させてしまいます。このような場合マッサージなどをすることで逆に損傷した末梢神経を痛める場合があります。おすすめなのはビタミン12など末梢神経に直接作用する薬を選ぶのがおすすめです。

肩こり・首こりスッキリの薬のおすすめランキング

近年ではパソコン作業やスマホなど長時間肩や・腰・目など酷使する場合が増えております、今現在記事を書いている私も慢性的な肩こりに悩み湿布薬など利用はしていましたが今回おすすめしている飲み薬に変えて痛みを和らぐことができました。現代人の悩みである肩こり・腰痛など実際に私が利用した中でおすすめの肩こりに効く薬をランキングで紹介いたします。

4位

ユンケル1・6・12EX

2,742円
ユンケル1.6.12 EX

肩こり・腰痛・眼精疲労に

疲労回復でおなじみのユンケルが販売している肩こりにおすすめの薬。末梢の血行を改善するビタミンE誘導体に加え、ニコチン酸アミド、パントテン酸Caを配合しているので眼精疲労や疲労にともなう肩こりや腰痛におすすめです。
3位

アリナミンEXプラス

2,700円
アリナミンEXプラスアルファ

目・肩・腰にまで感じる疲れに

疲労による肩こりなど眼精疲労におすすめの薬です。ビタミンB1・B6・B12など疲労回復に効果をあらわしやすい成分配合で毎日のビタミン補給目的にも使えるのが特徴です。
2位

アクテージSN錠

4,090円
アクテージSN錠

肩・首すじのこりといえばアクテージ

肩こりでも首筋のこりや手足のしびれなどのつらい症状に優れた薬がこちらのアクテージです。肩こりの中でもしびれをともなうような場合は活性型ビタミン12(メコバラミン)が配合されていることで効果をあらわしやすく、しかも活性型ビタミンB6が肩や首筋のこりなどのつらい症状に効くのでしれびや痛みを伴う肩こりには非常におすすめの薬です。ナボリンを使用する前まではこちらを使用していましたがナボリン同様1ヶ月ほどで痛みがなくなりました。
1位

ナボリンEB錠

3,450円
ナボリンEB錠

肩や首、腰などの痛みをともなうコリにおすすめ!

もんでももんでも一向によくならない痛みをともなう肩こりなどにおすすめの薬ナボリン、普通の肩こり系の薬と違い、痛めた末梢神経を修復して緩和するのが特徴です。なかでも活性型ビタミン12(メコバラミン)が配合されていることで、末梢神経に直接作用し修復することで痛みを和らげます、しかも筋肉疲労や血行不良などが原因の肩こりや腰痛にも効果的なビタミンB1・B6・Eを配合していますのでトータル的に肩こりや腰痛などをサポートしています。使用する前までは肩こりなので塗り薬やしっぷ薬などで使用していましたが良くならないので、こちらの薬を試したところ1ヶ月ほどで痛みがなくなりました。毎日ぴりぴりし痛みが肩にありましたがそれもなくなり肩が軽くなったような感じがするほどです。肩こりなどで痛みがあるばあいの方にはおすすめの肩こり薬です。

肩こりにおすすめの塗り薬

肩こりや腰痛の改善には飲み薬だと時間がかかってしまうという方には、直接患部に作用する塗り薬がおすすめです。
塗り薬の場合肩こりだけではなく筋肉痛などの炎症や痛みを直接抑えてくれるのでコリや痛みが気になる方は塗り薬のおすすめ記事を参考にしてみてください。

まとめ

肩こりでも症状に応じて薬を使うことで痛みを早期に和らげることができるかと思います。特にナボリンやアクテージは痛みをともなうような末梢神経系の肩こりなどにはおすすめです。アリナミンやユンケルは疲労回復でもおなじみの薬で疲労による肩こり・眼精疲労などはおすすめですアリナミンなどは栄養補給なども目的にしている方には非常におすすめです。症状は人それぞれでセルフケアで始めれる薬ですが症状をしっかり把握するために病院・医師などのサポートもあおぎ自分にあった薬を見つけてみましょう。